TEL 0795-32-1223 / FAX 0795-32-0652
Japanese Red Cross Society

親善バレーボール大会

2017年12月9日

いよいよ本格的な寒さがやってきました。早いもので、もう今年もあとわずかです。

多可赤十字病院のバレーボール部が発足して約2年、12月9日(土)、姫路の花北体育館で姫路赤十字病院さん、姫路赤十字看護専門学校さん、そして当院の3チームによる9人制バレーボールの試合がありました。

9月に行われた近畿赤十字球技大会で兵庫県チームのバレーボール部は一回戦敗退してしまい、もっと試合したかったなあという思いがそれぞれのチームにあり、この度の親善試合となりました。

寒い日の試合でしたが、無我夢中でボールを追いかけ、楽しく、あっという間の4時間でした。

MVPは、姫路赤十字病院チームの縦横無尽の活躍ぶりをみせた看護師さん、MIP(Most Impressive Player)は当院のバレー初心者の新人看護師さんが選ばれました。

企画、準備、運営から、参加賞の用意まで、また懇親会でも姫路赤十字病院職員の皆様には本当にお世話になりました。

赤十字の研修や講習会、会議などで全国の赤十字の施設の方とお会いする機会がありますが、そこでいつも感じることは本当に赤十字の職員は仲が良いなあということです。

今回のバレーボールの交流でもより良い関係が築け、部としてHappyな一年の締めくくりが出来ました。

姫路赤十字病院さん、勉強の合間をぬって参加してくれた看護学生さん、今回都合が合わず参加できなかった神戸赤十字病院さん、機会があればぜひ多可町にも足を運んでください。また試合できるのを楽しみにしています。

いつも練習場所を貸してもらうアスパルさん、練習相手になってくれる当院野球部員の皆さん、新しい部発足にあたり足りない備品を用意してくれた職場、個人に感謝です。

スポーツで体力増進、患者様の為にも自分のためにも健康でいたいものですね。

多可赤十字病院では、ST、OTなどを募集しています。当院なら就職しても野球やバレーボールも継続できますよ。その他のスポーツ愛好家もたくさんいるので、きっと気の合う仲間が見つかるはず。もちろんスポーツしない方のご応募もお待ちしています。

リハビリテーション技術課 係長 宇高則子